カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

REDWING"8095"WorkOxford_Copper

RED WING SHOES
〜SS 2018 New Product〜


#8095 Work Oxford Moc-Toe [Copper"Rought&Tough"]


現在のレッド・ウイング ワーク・オックスフォードは、1980年代に日本企画として発売された
ワーク・オックスフォードに若干のデザイン変更を加えて、2010年(モックトゥ)、2013年(ラウンドトゥ)
に再導入したものです。
レザーには、1980年代よりブランドを代表するレザーとして知られる、オロラセット・ポーテージと
ブラック・クロームを中心に展開しています。
今回、このワーク・オックスフォードに、約10年前に誕生して以来、レッド・ウイングのもうひとつの定番
オイルド・レザーとなっている、カッパー・ラフアンドタフを追加。

カッパー・ラフアンドタフは、オイルとワックスを豊富に含むヌバック系レザーです。
靴製造のフィニッシュ工程での加工で、独特のムラ、シワ感が生まれ、他のレザーにはない
独特の風合いを醸し出します。

   
 
   
 


商品情報
商品名 RedWing レッド・ウィング 8095 [Work Oxford Moc-toe(ワーク・オックスフォード)]
ブランド情報 【Red Wing レッド・ウィング】
1905年、アメリカ、ミネソタ州にある小さな町「レッド・ウィング・シティー」に一軒の靴工場が誕生する。
町の名を冠した「レッド・ウィング・シューカンパニー」である。
創業者は自らを「シュー・マン」と名乗るほど、靴に情熱を注いでいた、チャールズ・ベックマンと、その思いに賛同した14人の男たちである。
工場の稼働を開始した当初は日産わずか110足の典型的な小さな靴工場であった。
この頃製造されていた靴は伝統的な英国靴のようなオックスフォード(短靴)から、ブーツまで、当時まだ開拓途上にあったミネソタの生活に必要な様々な型の靴であった。
商品説明 現在のレッド・ウイング ワーク・オックスフォードは、1980年代に日本企画として発売されたワーク・オックスフォードに若干のデザイン変更を加えて、2010年(モックトゥ)、2013年(ラウンドトゥ)に再導入したものです。
レザーには、1980年代よりブランドを代表するレザーとして知られる、オロラセット・ポーテージとブラック・クロームを中心に展開しています。
今回、このワーク・オックスフォードに、約10年前に誕生して以来、レッド・ウイングのもうひとつの定番オイルド・レザーとなっている、カッパー・ラフアンドタフを追加。

カッパー・ラフアンドタフは、オイルとワックスを豊富に含むヌバック系レザーです。
靴製造のフィニッシュ工程での加工で、独特のムラ、シワ感が生まれ、他のレザーにはない独特の風合いを醸し出します。
アッパー Copper"Rough&Tough" カッパー・ラフアンド・タフ
ソール Traction Tred
製法 Goodyear Welt グッド・イヤー・ウェルト製法
生産国 U.S.A
ワイズ D
ラスト No.23ラスト
備考 ※天然皮革を使用しているため、若干のキズや色むらステッチずれなどある場合がございます。また、箱の中で靴同士が当たった場所等は傷 のようになっている場合がございます。
気になる場合は店舗にお電話いただき、ご確認下さいませ。

REDWING"8095"WorkOxford_Copper

価格:

38,880円 (税込)

color:
size:
購入数:

ページトップへ